暮らしのモノゴト

ミニマムな生活へシフト

テレビの着地点

 

 

 

家族からの切望でソファを買った我が家、インテリアにはさほどこだわりがないとはいえテレビボードがチグハグになってしまって、初のメルカリ大物家具デビューをしました。

 

サクッとヤマトさんが持って行ってくださいました。仕事が早い!

 

そこでテレビについてまた話が・・・主人とこどもは大型テレビが欲しい。わたしはテレビは要らない、必要ならばポータブルでいいのではないかと真正面から対立です。

 

そこでテレビ台がなくなったので、さすがに見にくいというクレームが入り壁掛けになるようなテレビスタンドを検討しました。

 

実際見てみないとわからないということで、展示してある家電量販店に行きました。

  

いままでテレビに回転台を置いていたので、壁掛けスタンドにすると固定されてしまう。回転台も必要なくなり、また不要な物が出る。

 

壁掛けスタンドはすっきりする反面、あの重量を支えるための台座部分に思いのほか存在感があった。

 

そしてなによりも値段が高かったのです。もし今後のテレビを買い替えるとしてもそのテレビが使えるかどうかの保証もありませんしね。

 

ついでにテレビも見てきました。4Kでももちろん8K本当に綺麗ですね。あれがスタンダードになる日がくるのでしょう。

 

そして壁掛けのシンプルさに惹かれていましたが、有機ELテレビも進化して壁掛けも安易にできるようになるでしょうね。

 

そういう時代がもう目の前まできている、そしていまさら安いからという理由で液晶テレビを買い換えなくてもいいだろうという結論になりました。

 

もちろん小さいポータブルにもわざわざ買う必要もありません。

 

アナログ放送からデジタルに切り替わる時、さもすぐに観ることができなくなるとあおられましたが、結局高値だ買わされただけのような気がします。

 

ということで現状維持です。

 

映ればいいよねということになりました。