暮らしのモノゴト

ミニマムな生活へシフト

化粧品とかは、見直ししやすい

 

棚卸し、今回は化粧品といってもコスメについてです。

 

もうど定番というか、化粧品も決まった物になってきたので、いまさらデパートを徘徊することもなくなりました。まぁ、若いときは通る道ですよね。

 

どんだけ化粧品に費やしてきたのか、はたまたけっこうはやい段階で気が付いた方なのかわからないが、化粧にかける情熱とかなくなりました。

 

いまは仕方なく見苦しくない程度にファンデーション、プレストパウダー、アイブロー、アイライナー(アイシャドウ)、チークくらいを塗ってます。

 

ただ日によっては、目元がかゆくなったりするので、ケミカルな物は合わないんだと思います。マスカラとか、やめてます。

 

いずれパウダーだけにしたくって、ファンデを卒業したいと考えています。週末はノーファンでです。多分自分のなかで、ファンデはお仕事モードの戦闘用品なんだと思います。

 

口紅は結局落ちちゃうので、多分食べてしまっているのか?そう考えると、なんとなく気分を害するのでどうしてもの色付きリップ、もしくはワセリンです。

 

コスメに関しては在庫を確保しているので、それ以外使っていない物を処分しました。小物はそう場所を取らないので、なんとなくそのまま放置しがちです。ただ月日は流れ、数年物も見受けられました。

 

俗にいう基礎化粧品ですが、皮膚科で処方されたもののみ。保湿剤ですかね。状態がよくないから皮膚科にかよっているわけですが、もし行かなくなってもなにも使わないかも知れません。

 

ちなみにファンデーションも石鹸で落ちるタイプのものにしているので、クレンジングなどもありません。

 

女性だけが化粧する時代ではなくなってきているみたいなニュースをみましたが、時代に逆行中ですかね?

 

わたしは専門家ではないのでよくわかりませんが、紫外線に当たってなさそうな男性の肌がいちばんきれいそうな気がします。特に室内競技のスポーツしている方の肌ってきれいですよね。

 

お肌の大敵は、紫外線と老化によるたるみなのではないでしょうか・・・気が付くとほうれい線が老け顔にさせていて、自分でもびっくりすることがあります。

 

あと手放した物に香り系の化粧品です。よくよく考えたら香りのある外資系のコスメが苦手なので、フレグランス系も結局は苦手だということに気が付きました。

 

もちろん柔軟剤など、もってのほかです。

 

アロマだとかなんだとか、ひとによりけりなんだなとつくづく思います。しかし試してみないと、なんでもそうですが、わからないものです。

 

いままで洗面所にあったコスメをだいぶ減らすことができました。洗面所では化粧はしないので、化粧品は置きません。いままでちょいちょい置いてあったんですよね。

 

リビングにある小さい引き出しのひとつに収まりました。パブリックなリビングにパーソナルなものを置くのもどうかと考えたのですが、自然光が入る洗面所ではないので、洗面所から撤退しました。洗面所も結局は共有スペースなので同じことですね。

 

スポンサーリンク

 

クレジットカード1枚解約

 

ポイント移行ギリギリ間に合って、クレジットカードを1枚解約しました。

 

次年度から年会費のかかるカードだったため、こちらは継続理由も見当たらず解約になりました。

 

まだ我が家には、年会費のかかるカードが1枚あります。作った経緯は、省略します。

 

クレヒスも積み上げてるし、保険内容など、すぐ電話も繋がるしサービスも含めて持っていてもいいかなと揺らいだ時期もありましたが、やっぱり解約します。

 

わたしより主人のほうが、コストに対してシビアなのかも知れません。またこういったカードステイタスに意味を見出せないそうです。

 

カードの色で、すべては判断できないということも含めて、これってブランドだからとブランド物を持つ考え方と似ていますね。

 

クレジットが1枚もないというのは、現実的にありえませんが、もう新しく作ることはないかも知れません。

 

作るとしたらライフスタイルや住む環境が変わったらかなと考えています。

 

いま手元にある数枚で、上手に使いわけていこうと思っています。本当は1枚にしたほうがいいのでしょうが、それぞれのメリットで考えると1枚には絞れません。

 

ただちょっとだけ、ローコスト化に近づけたのでよしとします。

 

スポンサーリンク

 

大型家具の処分は大変

 

ここ数年、買わないと決めているモノに収納用品があります。

 

以前はちょっとここに収納用品があったら便利だろうなという理由をつけて、100円ショップなり、収納家具なりを買っていました。

 

いまは考え方を変えて、ここに収納用品があったらいいなと思うときが捨て時と判断しています。

 

今回は主人のちょっとした一言から、捨てることになりました。

 

それは収納棚です。

 

高さ180cmもある大型家具だったので、捨てるのにまず苦労しました。

 

リビングに大小並んでいた収納棚、主人がはじめこの小さい方処分しようかと提案してきました。

 

これがなければ動線がスムーズだというのです。

 

ふーん、それならどうせなら、大きいほうを処分しようよと、私が提案しました。

 

まさか大きいほうには、たっぷり物が詰まっていたので、それは無理なんじゃないかといちどは断念させられそうになりましたが、まずは中にある物を全出し。

 

すると棚がたわんでいて、組み立て収納だったので、釘がむき出しになっている部分も見られました。

 

これってただ置いてあるだけで、満足してしまっているものばかりだよねと主人にも見せて、どうにか作り付けの収納に入る分しか持たない、処分できるものは捨てようということになりました。

 

置いてあったものは個人的な本と、取り扱い説明書とか、よくよく考えるとリビングになくてはならないものではなかったのです。

 

そして冷静にいま思い返してみても何を置いてあったのかさえ、思い出せないのです。

 

それくらいの物だったということでしょう。

 

さてさて、高さのある家具を処分したら、すっきりですよ。

 

まず圧迫感が、半端なかったんですね。いつもあるのが普通だったので、ないとこんなに広々するのかと大満足です。

 

必要だと思ったから置いた、いまは必要ない、なんて遠回りな人生を送っているのでしょうか!

 

もともと廉価な組み立て家具だったので、えーいと手放すことができました。

 

買うのも手放すのも簡単にできるような買い方は、控えようと反省してます。

 

スポンサーリンク

 

しっくりこなくなったファッション

 

アウターを探しているのですが、フードがなければなぁいいのになと思うことしばし。

 

フードが付いているものは、着ていてもしっくりこなくなりました。

 

だからフードが付いている洋服も手放しました。

 

今後フードが付いているものは、買うことがないと思います。

 

実際フードが付いてるアイテムが多い気がします、とても活用しているようには見えないのですが・・・こどもの洋服もなくてもいいのに、とくにフードの引っ掛かりが懸念されますので、安全面でもいらないです。

 

先に書いたようにコートが欲しいなと思ってもフードが付いているので断念したり、わかっているのです。

 

自分で選択肢を狭めていることは、でもどうしても無理だなと思います。

 

実はスカートもここ数年着ていません(フォーマルは仕方なく)。

 

よくミニマムなアイテムで、ワンピースがあがってきますが、それらもも持ってないことに気がつきました。

 

そのひとなりのスタイルができあがればいいのかなと最近思うようになりました。

 

服の数は、通年で37枚になりました。アウターも含みます。

 

まだまだ減らせそうです、その過程も楽しみたいと思います。

スポンサーリンク

 

重さが、難

 

捨てようかどうか迷うときに、すこし置いておくという措置をとったりしますが、ずいぶんと置いておいたやかんの存在がありました。

 

沸騰したことがよくわからないので、ちがうものを使っていました。

 

とうとう寿命がきたのでいざ手放すことにしたのですが、家族がやかんのかわりに使っていたものは重くて嫌だったとカミングアウトしたのです。

 

家族のやさしさと思いたいですが、捨てるときにそうくるかと思いました。

 

重さがネックだったというのでので、炊飯器を捨てた→ルクルーゼでご飯を炊いているが重さがネックだといったら、あっさり新しい鍋を購入することに決まりました。

 

ルクルーゼは、引き続き使いますが出番が減るでしょうね。またひとつアイテムが増えてしまいますが、やかんの代わりに使っていた物をを捨てたので、数はかわらないと考えるようにします。

 

使えない鍋ではないので、煮物煮込み系で活用していこうと思います。

 

年をとるともっと重さが仇となるでしょうね。

 

スポンサーリンク

 

新米ではないが、美味しい

 

実家では当たり前のように炊飯器を使っていたので、あって当たり前と思って結婚してから2度炊飯器を買いました。

 

1つ目は、壊れて。2つ目は、釜の内側の加工が剥がれてきたら。釜だけの不具合だったのですが、意外と釜だけ買い換えるとなると高かったので、あきらめました。

 

5合炊きだったので、場所もとりました。あと洗うパーツもけっこう面倒だったりしたので、思い切って捨てました。

 

まえから持っていたルクルーゼの鍋で、炊くことにしました。タイマーセットがもちろんできなくて、それが懸念材料でしたが杞憂にすぎませんでした。

 

水に浸しておく作業を除いて、30分ほどで炊き上がりますね。保温はできませんが、おひつに移しておきます。ただそのさめたご飯をやっぱりチンしたいので、電子レンジを手放すことがいまは難しいのかなと考えています。

 

電子レンジも場所を取るので、なくしたいのですが・・・

 

ひとまず炊飯器をなくしたことは、大きなことでした。ルクルーゼの鍋は、美味しく炊けるのですが、やっぱり重たい。そこがネックになっています。

スポンサーリンク

 

我が家にとっては必要なモノ

 

ソファのファブリックが破れて、これはいいチャンスだと思い、なくてもいいんじゃないと家族に打診してみました。

 

答えはノー。わかっていましたが、断られました。ちなみにミニマリストなる方々は、ほぼソファという家具がないように見受けられます。

 

あってもなくても大丈夫そうだけど、ないとリラックスできないといったところでしょうか。くつろげる我が家に、ソファは必要だそうです。

 

そもそも家族の協力なしで、廃棄することも不可能なくらい陣取っているソファなので、あっさり買換えすることにしました。破れたソファを使うという選択はありませんでした。

 

夫は、ハイバックがいい。こどもは、カウチタイプがいいとそれぞれリクエストもでます。

 

まずはリーズナブル路線の家具屋さんへ行きましたが、どうもしっくりこないんです。

理由はわかっています、また数年後買換えが待っているから。

 

たまたま連休中に普段なら目にもとめないような家具フェアがやっていて、こいつらどうせ買わない買えないだろうな、冷やかし客に見られるのを承知で行ってみました。そこである営業の方のことばが、響いてしまったのです。

 

それは木枠のソファ、またファブリックはダメになるけど、木枠はずっと使い続けられる。当たり前のことなんですが、なんだか愛着を持って毎日使えそうとやっと前向きになれたのです。

 

しかもそこで家族皆の要望を叶えてくれるソファと出会えることができたのです。

 

ハイバックで頭が安定している、カウチタイプではないがオットマンを買い求めればこどもの要望通り足を乗せられる。なにより軽くて下部に隙間があるので、掃除が楽。

 

しかしお値段がかわいくない、そうそう売れるような値段でもないし、希望通りのものにするなら受注生産になるようなので、冷静になろうと後にしました。

 

でもどうしても気になって他の物にもの目がいかなくなってしまいました。

 

結局デザイナーさんのショップから迎いいれました。せっかくよいヒントを下さった営業さんには、申し訳なかったけど。

 

後日談ですが某家電メーカーのカタログに使われていて、座っているアイドルに目がいきがちですが、私はその椅子にうっとりです。

 

さて使い心地、もうとっても大満足です。

 

まずは数年後またヘタって下手したちょっとしたソファが買えるくらいの代金が発生するかも知れませんが、やっぱり同じものを使い続けられるであろう安心感が違います。あとまたソファを買い換えなければならないという、強迫観念からも逃れられる。

 

どうせモノを持つなら、メンテナンスしてずっと使い続けたいと思って、でもここまでくるにはいろいろと失敗してを繰り返していまがあります。いろいろと手放して、持たない暮らしへシフトしていますが、ソファだけはずっと使い続けると思いますよ。

 

わたしも含めて、座らない日がないほど、お気に入りなんです。まさにいま使っているモノに該当するので、なくてはならない物はその家庭によって違うのでしょうね。

 

 

そういえば結婚して、ふたりで暮らしはじめてから3台目のソファでやっとほんとずっと使えるであろうものに巡り会えました。

 

家も三度建てないと満足いかないとよくききますが、そのとおりかも知れませんね。

 

ちなみに1台目は、ふかふかの沈むタイプで、しかも自分たちのインテリアテイストと合っていなかった。

 

2台目は、ソファーベッド。場所を取る、ソファの下を掃除できないというストレスがありました。

 

きちんとどういったものを自分たちは望んでいるんだろう、わかってくるとしっくりくるものを手に入れることができるんですね。

スポンサーリンク