暮らしのモノゴト

ミニマムでローコストな生活へシフト

捨てるときの家族の反応

 

どんどん捨て勢いは加速します。

 

家族からしたらスッキリした生活もいいけど、そこまで手放さなくてもいいのではないかと思うこともあるようです。

 

そりゃそうですよね、主人が稼いだお金で買ったものもあったりしますし、それをやっぱりいーらないって、いたたまれなくなる気持ちもわかります。

 

わたしだって買っては捨てなんて使い捨てみたいなことをしているつもりはないのですが、使ってないモノ、失敗した買い物もあるものです。

 

でもこっそり捨ててることもしません。

 

 

 

ある大皿があって、もうほとんど使っていないのです。

 

サイズが大きすぎて普段使いできず、重たいのです。

 

特になんども書いていますが、重たいということがかなりの負荷になってきています。

 

使ってない物は手放すが今のルールですから、そのことをそれとなく伝えたら意外な答えが返ってきました。

 

多分使うと思うから、まだいいんじゃないかな、以前はよく使っていたし・・・ということです。

 

そこで反論はせず、そうかもねとそこで終わりにしました。

 

捨てたくない人と捨てたい人はわかりあえませんね。

 

実はその後食器棚から撤去して捨ててはないのですが、違う場所に一時的に置いてあります。

 

しばらくしてまた話題にしてみようと思います。

 

多分手放しても大丈夫だと思います。

 

事後報告もあります、すっかり持っているものを忘れているものは手放してしまいます。

 

そういうときもあります。

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村