暮らしのモノゴト

ミニマムな生活へシフト

フリマアプリ売買低迷中

 

年明けからタイトル通り、低迷しております。

 

個人売買のアプリで数点出してますが、まったく売れません。

 

こういった売買で生計を立てているわけではないのに、気持ち焦ります。年末年始と世の中お金を使ったからか?購買意力が薄れているのかしら。

 

寒いとなんとなく、消費力も低下する気がします。わたしなんて用事がなければ、引きこもっていたいくらいです。

 

ただ季節も変わりつつ、わたしの考えも変化してきました。

 

いままではセールで買っていたのですが、それを止めました。正確に言うと、たまたま欲しかった物がセールになっていたらラッキーということで買いますが、そうでなければプロパー価格で買うことにしました。

 

セールだとディスカウントされるまで待っていなければならなかったり、安かったからという理由で買ったものは手放すのも早いような気がしているからです。

 

さて話は戻りますが、フリマアプリに出している商品が売れません。

 

今回売れてほしいのは、大物です。いままで大物も数点手放してきましたが、どれもチープなもので傷みが激しく捨てるしかないものばかりでした。

 

いま買い手がついて欲しいのは、物もよくてまだまだ使える物です。きっと価格が高いからだと思います。あと春になってライフスタイルが変わるため、購買も躊躇しているのかなとも考えられますし、なにせ大物ですから。よいタイミングで手放せるよう考えたいと思います。

 

スポンサーリンク

 

減らせたバッグ、コンプリート

 

カバン好きだったわたし、とうとう数を減らすことができました。

 

減らすというより、現役つねに使っているものだけになったということですね。

 

冠婚葬祭用

3ウェイバッグ

ショルダーバッグ

雨の日用バッグ

ポーチ

エコバッグ

 

家族と共有しているものもありますが、パーソナルな物は上記6つです。

 

大学生のときにバッグに目覚めて、ブランド物のとりこに、やはりマーケティングにはまってしまったのか・・・海外に行きはじめて、貧乏旅行のくせに買うというチグハグな感じでどんどん増えていってしまった。

 

社会人になっても手放すということを知らず、それこそどんどん増える。

 

そして管理しきれず、気が付いたらくたびれた状態で保管され、使う気にならずその持っているということに満足していたのかも知れません。

 

いまは一軍ばかりなので、常に使っている状態です。

 

たまにリュックとかあったら便利かもと買いたくなるのですが、なにかで代用できないかなとか、そもそもカジュアルなリュックって頻繁に使うかなと考えてこれ以上手元に置かないようにしています。

 

みんなが持っているからに失敗したパターンなので、自分のスタイルに合わないものは持たないようにすることにしました。

 

もちろん10個でも20個でも使っていればいいのですが、わたしの場合いつも同じものしか使わないので、この6つに落ち着きました。

 

雨の日用なんてわざわざいらないと思うのですが、他の物の傷みを軽減するためにいまのところオイルクロスのバッグを雨の日に使ってます。濡れたらさっと拭くだけなのでこれはこれで使いやすい。

 

たまたま頂いたというのもあり重宝しています。

 

冠婚葬祭用も黒いカバンで代用できるとは思うのですが、かなりかっちりしているもので無難な物なんです。

 

結婚するときに用意してくれたもので、さほど大事にしなくてもいいのでしょうが、大人として持っていてもいいかなと思います。

 

ダメになったら○○用というのは用意しないつもりですが、雨用はともかく冠婚葬祭用はダメになりそうにありません。

 

 

安易な返品

 

先日、やっぱり返品させていただいたボトムス。

 

いちど購入しておいての返品というのは、めぐりめぐって自分に返ってくるようです。

 

フリマアプリで、売れた!と喜んだのもつかの間、やっぱりキャンセルしますとのこと。

 

本来ならNGでしょうが、まだ支払いもされておらず、仕方ないですね。

 

今回はじめての経験となりました。

 

フリマアプリをはじめた当初はユーザーも若い方が多そうだなと思っていましたが、いまはたくさんの世代が利用しているようですね。

 

CMで認知度が上がり、手軽さもあってでしょう。

 

わたしも物の手放し方のひとつとして利用してます。

 

いさぎよく手放す=捨てるとありますが、やはり煩悩とでもいいましょうが、未練があるというよりどなたかに使ってもらえたらなという気持ちが働きます。

 

きれいごとを言ってますが、お金にかわるならこしたことはないというのも本音かも知れません。

 

だって生活もキビシイし。

 

あとはリサイクルショップ、これはただ持っていけばいいので、手っ取り早く手放すことができます。

 

モノによっては、フリマアプリで売れなかったけど、それなりに買い取ってくれる場合もありましたが、これはレアケースでほぼほぼ寄付する価格と考えています。

 

やっとやっとすっきりレベルになってきたと感じてるこの頃、ミニマリストにはまだ遠いけど近づけるようにレベルアップをはかります。

 

 

買う前に立ち止まるクセを付ける

 

欲しい物はリスト化するようにしています。

 

要は衝動買いを減らすこと。

 

こういうパンツが欲しいなと、ぼんやりと思っていたところに期間限定でお値引き品があったので、さっそく試着して買ってみました。

 

しかしなんかしっくりこない、気に入ったらすぐさま値札をはずしてはいてみるのに、なんとなくタグを付けたまま放置していました。

 

そもそも気に入った物ではない、ちょっとお安くなっていて、なんとなく欲しいアイテムに近いかもといった理由だけの購入でした。

 

すぐさま返品させて頂きました。

 

それに安くなっていたかもという後押しにも負けました。

 

安く買えることにこしたことはありませんが、振り返ってみるとセールなどで買ったもので後々まで残っているアイテムは少ないですね。

 

だぶん衝動買いなんだあと思います。

 

 

冬のセールでは、パジャマを1つ買いました。

 

必要なときに、必要な物を買う生活にシフトしていこうと思います。

 

 

歩みは遅いが確実に減らしてます

 

目に見えて物が溢れかえっているわけではないので、減らしても視覚的に劇的変化は起こりません。

 

でも収納されていて、今使ってない物を手放し中です。

 

収納しているもの。

 

・・・正直、目に見える物を減らすほうがよっぽど楽ですね。

 

例えば以前やりましたが、大きな収納棚そのものを捨てると、それに付随してあらかた捨てられます。

 

しかしいまは狭小な家に備え付けの収納スペースに、きちんと収まっているものを整理整頓しているわけですから、正直難易度が高いです。

 

収納棚といえば寝室に置いていた、小さな3段の収納棚をとうとう処分したのです。

 

何を置いておいたわけではなく、なんとなく部屋から部屋へ流れ着いた収納棚。

 

寝るときにスマホ、ライト、読みかけの本、照明リモコン、考えたらこんなものしか置いてないのにわざわざ棚なんて必要なかったんです。

 

やっぱりあってもなくてもよかった。

 

捨て作業が昨年から加速したせいか、主人の反対もありませんでした。

 

さてさて使っている物だけになったら、どんな景色が見られるのか?もしかしたら、変わらないかも知れないけど、それでもクリアしていきたい。

 

2019年

12月、いちども記事を書くことなく年越しとなってしまいました。

 

どんだけ時間が過ぎるのが、はやいことか・・・

 

2018年は、増えたし減ったしな1年でした。

 

よく考えたら増税前の消費ということで、よかったのかも知れません。

 

今年は、引き算の年にしようと思います。

 

ずいぶんと手放しましたが、まだあと1歩踏み込まないといけない域があります。

 

それが昨年中にできなかったのは悔やまれますが、ゆっくりといま使うものだけに焦点をあててさっぱりすっきりとした暮らしにしていきたいと思います。

 

まだまだ世の中には物を持たない暮らしは受け入れがたいようです。例えば自分でお金を出して買ったもの、どなた様かに頂いた物等を手放すのはナンセンスという定義はあるようです。

 

帰省時に痛感しました。

 

わたしの家族はすっかりミニマムが伝染していますが、団塊世代は手強いというかそもそものバックグラウンドが違うわけですから、仕方ないですね。

 

床置きしている時点で物が多いんだなとわかりましたが、世間一般からしたらふつうの暮らしをしてる状態なんだと思います。

 

いちど空間の心地よさを知ると、あの詰め込みには戻れないんですけどね。

 

 

スポンサーリンク

 

使い切ってから

 

あれやこれやと必要な買物に追われています。

 

消耗品ってなんて多いのでしょうか?

 

プリンタのインク、用紙

リテーナーの洗浄剤

ティッシュ

・・・

 

挙げたらキリがなさそうです。

それとは反対に使い切れずに放置されてたりする物もあります。捨ててしまってもいいのでしょうが、使い終わることを目的にして、いませっせと使ってます。

 

お風呂にいれる入浴剤

オキシクリーン(大箱を買ってしまった)

ヘアオイル

踵のケア用品など

 

無理して使いきらないといけないものは、見直しが必要ですね。

 

物を減らしていくと、見極めができるようになってくると感じます。

そして欲しい物はあるのですが、ベストマッチしないとなかなか買えなくなってきています。良いのか悪いのかといったところです。

 

スポンサーリンク