ミニマルライフで豊かにくらす

メリハリある家計にも挑戦中

お金は大事だけど、手放しました

 

見慣れない封書が届いていると思ったら、パルテック(7587)公開買い付けの案内。

すっかり忘れていました。

公開買付なら高く買い取ってくれると思ってたのですが、買付額より高値掴みの場合だと単純に損してるひともいますね。

セルインメイも忘れちゃうくらい、ここのところなんでも上がっているような気もしますが(そうは言っても買えてない)、とにかく退場しないことを念頭に無駄に投資をしているといろんな経験ができるものです。

 

さて旧紙幣を手放しました。

数枚あったものです。まずコレクションとしては、状態も悪いしエラー紙幣とかではないので、プレミアムがつかないです。

相当古くなければいまでもふつうに使うことができるみたいですが、郵便局に預けました。

1万円札、現行のひとつ前はATMで取り扱いできました。

実家に大量にあった硬貨も郵便局にお願いしました。歳をとると、小銭を出すのが億劫になってついたまるそうです。高齢者ほど、キャッシュレスの方が履歴も残るしいいと思います。

十円玉ならチャージできる券売機もあるので、交通系ICカードで利用しました。

 

外国の紙幣もけっこうリニューアルされていて、流通通貨として使えなくなってたりしてます。使うつもりで手元にあったわけではないのですが、こちらもメルカリなどでお嫁にだしました。コレクションとしては、価値があるものもあったようです。ちょっと下心を覗かせましたが、コレクターではないのでお譲りしました。

コインはポケットチェンジでできるものは一部両替、少額なのでレートは正直気にしませんでした。ワオンに入金できました。オリンピックを見越して、両替機を設置したのでしょう。

 

先日銀座のセントルの食パンを買ったのですが、そこでは現金のみでした。

いくらかの現金も持っていたほうがいいと思いましたが、ふだん多額の現金を持つことはないでしょう。

 

きっとわたし世代のご実家では、テレホンカードや懐かしいオレンジカード、旧紙幣(デザイン変更になったら現行も旧扱いですね)、記念コインなどお宝が眠っていると思います。

 

ブログランキング・にほんブログ村へ