暮らしのモノゴト

ミニマムな生活へシフト

デパートに行ってはみたものの、手元に商品券は残ったまま

 

 

 

先日用事があり、そのついでに百貨店に立ち寄りました。

 

特別買う物もなかったのでヒヤカシといえばそうなのですが、たまになことなのでウインドウショッピングでもいいかなと思ったのです。

 

その日はとても暖かく、人も多かったので店内の気温も上昇していました。

 

上着を脱いだけど、暑くて居心地も悪く結局上の階に行くことをあきらめました。

 

実はその前日位にGUで仕事用にボトムスを1500円程で買っていて、デパートの桁違いをぜったいに受け入れられないと思ったからです。

 

アラフォーにもなってプチプラとか揶揄する前に、品物の質が違うことは置いておいて、なんか次元がそもそも違ってしまっている自分がいるのです。

 

お金があるなしに関わらず、デパートで買物していたはるか昔もあったのですが、いまとなっては幻です。

 

独身のときはデパートの積立をしていて(とってもお得ですね)、満期になるとよくぱぁっと買物をしていました。

 

ただ今回立ち寄ったのは、洋服は買えないだろうなこういった事情でと多少見越していましたが、デパ地下ならなにか美味しいものを買って帰れるだろうと企んでいたのです。

 

手元には百貨店共通商品券を持って、しかしそれも玉砕です。

 

もう人人人、列をなしているから。コレを買うと目星を付けて行ってなかったので、並ぶにしてもその気力もなく後にしました。

 

商品券は期限がないから、次回のお楽しみにしましょう。

 

またいつかデパートで昔のように買物できる日がくるのか?わかりませんが、やはり懐具合を気にせず買物をしてみたいものです。

 

まぁ百貨店は一部の富裕層、外商扱いの方とかね、そういうアッパー層の方々がお金を使えばいいところになったということでしょうね。

 

いまの生活にマッチングしてないだけなので、行かなければいいだけ。いろんな意味であきらめます。