暮らしのモノゴト

ミニマムでローコストな生活へシフト

人生に3回、貯めどきがあるそうです

 

 

今朝お金に関してのことがやっていたのですが、40代50代家計のピンチをどう乗り越えるか?といったものでした。

 

 

 

えっと思ったのが、人生にはお金の貯め時が3つあります~って言っときながら、もうすでに2つの時期は過ぎ去ってしまっている。俗に言うDINKSとこどもが小学校のときなんだって、晩婚ならわからなくもないが40代50代ってもう無理じゃんと・・・

 

すでにこの貯めどきを逃して貯蓄がなくても大丈夫な対策なのか?と解釈しましたが、けっこうありきたりのこと満載でした。親にやってもらったことをいまはできないのは仕方がない、時代が違うから我慢せいと言っているようなもの。

 

気づいてましたか?手取りが減ってきているって、気が付いているに決まっているでしょう。その減った手取りから、消費税とかまた税金を払うんですからね。

 

これといった対策がなく、なんだか不安をあおられた気分でした。連日お金に関することを目にしていて、内容は違えど節約して家計をやり繰りしていて、若いのにしっかりしていてその奮闘振りから、まだまだわたしの家計管理は生ぬるいと思っていたところ。

 

ぐちぐち言っていても仕方なく、得られるものもあったと前向きに結局は自分で対策を立てないとと思います。