暮らしのモノゴト

ローコスト生活を意識して貯金できる家計にシフト

修理してまで使いたいモノ

 

モノを買うことに対して、ずいぶんと学習するようになりました。

 

 

やっと靴もカバンも身の回りのモノ、たいしていらないんだと気が付けるよになりました。

 

 

それもこれも無駄な遍歴のおかげかも知れません。

 

 

だから服選びも迷わないし、履く靴もいつも同じです。

 

 

そうすると自然と淘汰されて、本当に気に入った物しか持たなくなってきます。

 

 

そして頻繁に使うので、壊れたりダメージもあります。

 

 

それでもやっぱり使いたくて修理に出します。

 

 

このたびお気に入りのバッグを修理に出しました。

 

スポンサーリンク

 

 

納期は1ヶ月程で、1万円程かかってしまいました。

 

 

1万円あれば、他の物が買えますね。

 

 

リペア屋さんに出せばもうすこしお安くできたかも知れません。

 

 

いちおう購入したところにお願いしました。

 

 

メーカーホームページにはリペアの案内があったのですが、ちょっと面倒そうな感じで対応してくださりました。

 

 

新品買ってくれたほうが、売上につながるものね。

 

 

気に入ってただけに、つぎはないかもと頭を過ぎりました。

 

 

ただ修理していただいて、またしばらく使えそうなので、またそのとき考えます。

 

 

バッグはそう何個もいらないですからね。

 

 

いま手元で大活躍中のラインナップ。

 

 

ナイロンリュック(2泊位なら余裕です)

4ウェイバッグ(いろいろなシチュエーションで使えます)

ショルダーバッグ(今回修理に出した物、いつも持ち歩いてます)

エコバッグ(サイズ違いで3つありますが、どれもコンパクトになる)

冠婚葬祭用(仏事はレザーNGなどと言いますが許容範囲で、たださすがに普段のバッグと兼用はしません)

 

ボストンバッグ(家族で共用します、主人のゴルフにも)

 

 

頂き物のオイルクロス生地のバッグは、雨のときに活躍してくれるので普段のバッグのダメージを軽減してくれます。

 

 

どうしても欲しいものがでてきたときに、いまあるものを手放さなければならないのがつらいところです。

 

 

そうはいっても壊れて修理できない、どうしても使えなくなったときに買うことが多いです。

 

 

これ以上増やすということは、ないと思います。

にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ
にほんブログ村