暮らしのモノゴト

ローコスト生活を意識して貯金できる家計にシフト

シニアと団塊ジュニアのスマホ事情

 

親からスマホについて、こういうときはどうするの?とよく聞かれます。

 

 

頼ってもらってもちろんオッケーです。

 

 

友達とお出かけは頻繁だし、意外にフォトジェニックな背景や食べ物をおさめていてビックリです。

 

 

旅先では、天気やら地元の諸々の検索して楽しんでるみたいだし。

 

 

またそのお友達とのやりとりやヤングの親戚の子たちとの交流と日々使いこないしています。

 

 

便利な反面、悪いことを企んでいる人もいますから、そこはわたしもこどもも含めて気をつけなければなりませんが。

 

スポンサーリンク

 

 

スマホを持つときに相談を持ちかけられました。

 

 

何を選んだらいいか?

 

 

こちらとしても調べてみましたが、やっぱりわたしと同じがわかりやすいということで同じにしました。

 

 

シニアだから使えないだろう、だからシニア用というのちょっと違うのかも知れませんね。

 

 

例えばいまユニバーサルフォントが広まっているように、どの世代でもどんなハンディキャップがある方でも扱えるものを使うようになってくると思います。

 

 

しかもモノはそのためのツールでもあるわけです。

 

 

ただ契約に関しては、わたしは格安SIM、親はキャリアです。

 

 

もちろん格安にしてあげてもよかったのですが、やはりわたしがいないと何もかもダメというのは問題アリです。

 

 

まだ夫婦で元気だし、時間もあるわけだから、店舗のある安心を頼るべきでしょう。

 

 

そういうこと含めてのキャリア価格だと思ってますよ。

 

 

いずれは見直してもいいかなと思いますが、冷たい娘ですかね?

 

 

時間もお金もないわたしは、格安でなんとかするしかありません。

 

 

もうすでにこういうところで格差が生まれてますね。

 

 

学年がかわる春なので学割が盛んですが、すでに格安(このネーミングが悪いです)SIMなので、やっぱり選択に入らないかも知れません。

 

 

我が家もちょうど見直ししていまして、こどもだけしばり事情があってキャリアだったのですが、キャンペーンと相反してますが止めることになりそうです。

 

 にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ
にほんブログ村