暮らしのモノゴト

ローコスト生活を意識して貯金できる家計にシフト

保険の見直し、結局いまのまま

 

結局決めるのは、自分だ!な状態になってしまいました。

 

 

なんとなく支払っている保険が、いまの時代に見合っているものだろうか?という疑問から、見直しをしてみようということになったのです。

 

 

よくありがちなこどもが生まれてから入ったので、なんとなく高い買物をしてしまったかもと考えていました。(実際高い買物だと思いますが、それでもこの結論、奥が深いです)

 

 

ちなみに我が家の見直し対象は、死亡リスクと生存リスクに備える保険の両方です。

 

スポンサーリンク

 

 

さて見直しの方法ですが、まずはよくありがちなショッピングモールにある無料相談の場へ赴きました。

 

 

はじめての経験です。

 

 

ひと通りお話をして、次のお約束をしておわりでした。

 

 

ライフプランニング表を作っていただいたような記憶がありますが、これは頂けませんでした。

 

 

ちょっと欲しかったかも。

 

 

次に提案でしたがいまの保険を解約して、新しいものに入りなおすというのを勧めてくださいました。

 

 

うーん、いまより支払額が多くなる・・・確かに欲しい保障を言いましたが、それによって金額が跳ね上がるのはちょっと違うかもという感じでフェイドアウト気味に。

 

 

次にFPさんです。

 

 

完全にフリーの方ではないようで会社に所属してるとお名刺を頂きました。

 

 

保険の知識はとっても乏しいので、大変勉強になりました。

 

 

いろんな考え方があっての保険なんだなと考えるきっかけをもらえたと思います。

 

 

それでたどり着いたこたえは、やっぱり保険であれもこれも保障をまかなおうとするのはやめようということになりました。

 

 

いくつか見直し候補をあげて、エクセルでいろいろプランニングしたのですが、いまの保険のままでいくことにほぼ決まりました。

 

 

いま入っている保険は、そんなに悪いものではないかもという結論です。

 

 

結局のところ、本人が納得して支払えるかどうかなのではないでしょうか?

 

 

むかしの保険は役に立たない、調べていくとけっこうこのホットワードが出てくるんですよね。

 

 

確かにそうかもしれないけど、もしこの年齢からほしい保障を得るのであれば本当に保険貧乏になってしまいそうです。

 

 

いろいろプランニングしたのですが、ある年齢からどこの保険もたいして変わらなくなることがわかりました。

 

 

冷静に落ち着いて、不安ばかり考えてもどうしようもないものです。

 

 

ちなみにわたしは、保険やさんからだと上客ではないため(ダークグレー状態)、営業プッシュがなかったです。

にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ
にほんブログ村